地方自治体レベルで認知される健康日本21

健康日本21は、国が中心となって行っている個人の健康を増進させていくための運動です。しかし、その存在を知らない人も少なくはありません。国家レベルで行われている事業が、個人レベルまで浸透していかないということはよくあることです。個人にとってより身近な公的事業は、都道府県や区市町村が行っているものであり、そういったものに健康を目指すものが増えてきているということを認識している人は多くなっています。これは、都道府県や区市町村が率先して新しく健康を目指す事業を起こしたというわけではなく、国の行う健康日本21に従うことによって事業が展開されてきていることがほとんどです。その事実を知らずにいる国民が多いというのが実情であり、国ではなく地方レベルで行われている事業だと考えられてしまっています。その事自体に問題はないものの、国の取り組みの実態を知らないでいるというのは、非常に残念なことでもあるでしょう。特に、個人が健康に取り組むための具体的な指針が取りまとめられているということは、知っておくに越したことはありません。しかし、その実態を掴んでいない人が多いことから、情報の取りまとめと発信が積極的に行われているにもかかわらず、知る人ぞ知るような情報となってしまっているのが現状です。それでもなお、個人の健康の増進のために縁の下から役に立っているのが健康日本21の取り組みであり、地方自治体レベルでの取り組みがこれからも個人を支えていくでしょう。もっと詳しく・・・・・「健康日本21」を推進する会(非公式)・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です